本日もトントン拍子.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本日もトントン拍子

好きなことを楽しくゆっくりと

1万円前後のベストイヤホン「SHURE SE215 Special Edition」が安くて高音質!【大学生におすすめ】SE215SPE-A『2016』

出典元 www.shure.co.jp

僕はかれこれ2年以上同じイヤホンを使い続けています。僕が使っているイヤホンはSHUREのSE215というイヤホンのスペシャルエディションです。

 

スペシャルエディションといっても、期間限定モデルというわけではなくいつでも買うことができます。

 

僕は大学でバンドをしているのですが、楽器の音を聴きとるときにも、とても遮音性が高く、音質もいいので重宝します。

 

 

目次

 

 

数千円のイヤホンにはもう戻れない

昔は3千円くらいのイヤホンを使っていたのですが、このSE215に変えたときに音の違いに驚きました。それまではイヤホンにはそこまでこだわりはなかった僕にも、その差は歴然でした。

 

それぞれの楽器が分離して聴こえるようになり、それまでの音のペラペラさに気付かされました。

 

また、ケーブルが脱着式なので、自分の好みに応じてカスタムすることもできます。お高いケーブルを別で購入すれば、更に音質アップを図ることもできるようです。

 

 

シュア掛けで快適&ノイズレス

SHUREのイヤホンの特徴であるシュア掛けですが、はじめはなかなか慣れません。しかししばらくすると慣れてくるので、慣れれば普通のイヤホンに戻れなくなります。

 

ライブでアーティストが耳につけているイヤモニみたいな感じです。耳にぴったりとフィットするのでつけ心地は最高です。

 

このシュア掛けは、フィット感がものすごくて、下手な耳栓よりも遮音性が高いです。それによりタッチノイズもほとんどありません。万が一、これをつけて自転車に乗ろうものなら、一発で事故しそうです。

 

 

 

ノーマルSE215との違い

こちらがノーマルのSE215です。

 

SE215SPE-Aはダイナミック型MicroDriverを搭載し、より厚みのある低域を実現した新しいチューニングということですが、家電量販店で視聴した感じではたしかにノーマルSE215よりSE215SPE-Aのほうが低音をより感じます。

 

また、ノーマルとの大きな違いはケーブルの長さです。ノーマルのSE215のケーブルが160cmであるのに対し、このスペシャルエディションは116cmとなっており、日常生活での取り回しに優れています。

 

また本体のカラーがノーマルがスケルトンとブラックです。僕はスペシャルエディションのブルーの方が好みです。

 

 

 

付属品

付属品として、キャリングケースと2種類のイヤパッドが付属しています。キャリングケースが付いているので持ち運びの時にも便利です。

 

 

サポートが素晴らしく安心

使い始めて1年半くらいたった時に右のイヤホンからの音がとぎれとぎれになり、もう寿命なのかな。。。と思いましたが、メーカーさんに連絡をしたら、無料でケーブルを新品にして送ってきてくれました。

 

 

まとめ

SE215SPE-Aは、1万円前後のイヤホンではベストバイだと思います。

 

高い遮音性と、十分な音質に加えて、手厚いサポートもあるので、なんとなく音質のいいイヤホンがほしいけどあんまりお金は出せないなという人におすすめです。

 

僕は2年以上使っているので、本体のプリントが剥げてしまいましたけど、まだまだ使っていけます。

 

もう少し上のランクのイヤホンになると、ヘッドホンアンプが必要になってきますので、iPodやウォークマンに直接挿して使うのにはベストだと思います。

 

おすすめ関連記事▼

「Jayfi JA40」イヤホンレビュー!3000円以下でEDMにおすすめ!

5千円~1万円以内の高音質Bluetoothスピーカーは「Anker プレミアムスピーカー」がおすすめ!実際に使ってレビューしてみた!

Amazonで「本当に買ってよかった捗るもの」をまとめて紹介!【2016】

Amazonプライムビデオでおすすめの映画ベスト50を年間100本以上映画をみた僕が紹介!

月額500円でプレミアリーグ全試合が見放題の「スポナビライブ」がスポーツ好きには最高!