本日もトントン拍子.com

本日もトントン拍子

好きなことを楽しくゆっくりと

明るくて安い「Dreamegg テールライト」を徹底レビュー!【コスパ最高】

おすすめ記事▼Amazonプライム会員のメリットをまとめて紹介【破格の月額325円!】無料体験できます!

【SPONSORED LINK】

f:id:vilar5275:20170529230248j:plain

本日紹介する商品は自転車の後方に取り付けるテールライトです。夜道の自転車走行では、反射板だけでは心もとないので、こうしたライトがあるとさらに安心です。 今回はコンパクトで充電式の少し変わった形をした、テールライトの紹介です。 

 

Dreamegg様よりサンプル提供いただいてのレビュー記事となります。

 

早速開封!!

早速開封していきます。箱は非常にシンプルなつくりとなっていました。

中で商品はしっかりと固定されていました。緑色が派手です。

f:id:vilar5275:20170529230252j:plain

 

付属品確認

付属品はライト本体、取り付けバンド、充電用ケーブル、説明書です。

f:id:vilar5275:20170529230258j:plain

こちらが取り付け用のベルクロと、充電用のケーブルです。ケーブルは短いので使うことはなさそうです。

f:id:vilar5275:20170529230302j:plain

 

 

外観レビュー

続いて外観のレビューに移っていきます。こちらがライト本体です。

f:id:vilar5275:20170529230306j:plain

非常に変わった形をしています、緑のボタンを押すとライトが点灯します。

f:id:vilar5275:20170529230311j:plain

緑のゴムとサドルが触れ合うことで滑り止めの役割を果たします。ベルクロを通して巻きつけて固定します。

f:id:vilar5275:20170529230315j:plain

見れば見るほど不思議な形です。充電用の差し込み口には雨水を防ぐキャップがあります。

f:id:vilar5275:20170529230325j:plain

これまた不思議なことにボタンを押すとリングの部分が赤く光ります。明るさは夜道でも文句なしの明るさです。

f:id:vilar5275:20170529230330j:plain

 

 

実際に使ってみた!

早速ロードバイクに取り付けてみました。後ろにでっぱる形となるので、現在使っているテールライトと同時につけることができました。

f:id:vilar5275:20170529230333j:plain

部屋の中で使ってみてもなかなかの明るさです。高速点滅するラッピドモード、素早く点滅する点滅モード、常にアピールしている点灯モードをボタン一つで選べて便利です。

f:id:vilar5275:20170529230337j:plain

今僕が使用中のテールライトはフロントとセットで安くて明るいおすすめのライトです。

詳しくはこちらの記事をどうぞ▼

安くて明るいコスパ最高のロードバイク用フロントライト「Teyimo 自転車ライト」レビュー!【テールライト付き】 

 

ベルクロでどこにでも取り付けが可能です。このフレキシブルさは非常に便利です。

f:id:vilar5275:20170529230341j:plain

 

 

クロスバイクに装着

ロードバイクはすでにテールライトを2つ付けていて、席がいっぱいでしたので、クロスバイクに取り付けました

f:id:vilar5275:20170529230354j:plain

泥除けとテールライトが付いてなんだか無骨な感じになりました。

 

これで夜道も安心して自転車に乗れそうです。反射板では遠くからの視認性悪くやや危険ですから、テールライトはおすすめです。

f:id:vilar5275:20170529230358j:plain

 

 

まとめ

f:id:vilar5275:20170529230320j:plain

今回紹介したテールライトは不思議な形が特徴でしたが、十分な明るさと約32時間という使用可能時間で毎日の自転車での通勤や通学にオススメです。とにかくお手頃価格で購入することができるのでそれもポイントです。

 

僕は毎日通学に使っているクロスバイクにつけて使っています。反射板に比べて安心感が段違いなので、通勤や通学で自転車を使っている人は是非購入を検討してみてください。

 

おすすめ記事

ロングライドの定番!ORTLIEB(オルトリーブ)のサドルバッグを実際に使ってみた感想!【レビュー】

ボトルをツールケース代わりにしてロードバイクに取り付けました!中身を公開!

京都から三重まで110キロをクロスバイクで長距離ロングライド旅行しました!