本日もトントン拍子.com

本日もトントン拍子

好きなことを楽しくゆっくりと

安くて明るいコスパ最高のロードバイク用フロントライト「Teyimo 自転車ライト」レビュー!【テールライト付き】

おすすめ記事▼Amazonプライム会員のメリットをまとめて紹介【破格の月額325円!】無料体験できます!

【SPONSORED LINK】

f:id:vilar5275:20170410222512j:plain

今回紹介するのはロードバイクなどの自転車にぴったりの「Teyimo自転車ライト」です。手頃な価格ながらも950ルーメンという明るさに加えて、テールライトまで付属しています

 

Teyimo 実業有限会社様よりサンプル提供いただいてのレビューになります。

 

早速開封!付属品紹介!

早速届いた商品を開封していきます。箱にはロゴなどはなく簡単な作りとなっています。

f:id:vilar5275:20170407233245j:plain

このように内容物がぎっしりと詰まっています。

f:id:vilar5275:20170407233246j:plain

ライト本体、充電ケーブル、自転車用アタッチメントに加えてテールライトとスポークライト、ヘルメット用のアタッチメントとストラップが付属しています。

f:id:vilar5275:20170407233250j:plain

お手頃な価格でこの大ボリュームは嬉しいです。手裏剣のようなスポークライトは使っていないので今回のレビューでは省かせていただきます。

f:id:vilar5275:20170407233251j:plain

 

 

外観レビュー

続いてはライトの外観をみていきます。デザインはシンプルでロゴも主張しすぎないいい感じです。

f:id:vilar5275:20170407233253j:plain

タッチセンサー式の電源ボタンと電池残量が少なくなると赤く光る部分と充電時に赤くなるライトが並んでいます。

 

懐中電灯としても使えるということでストラップを通す穴があります。

f:id:vilar5275:20170407233255j:plain

裏側には細かい仕様などが記されています。

f:id:vilar5275:20170407233256j:plain

正面からみるとこのようなかんじです。男らしい面がまえでなかなかかっこいいです。

f:id:vilar5275:20170407233257j:plain

部屋の中を暗くして光らせてみましたがかなりの光量です。

f:id:vilar5275:20170407233259j:plain

 

カタログスペック

サイズ:84x49x29mm
重量:約150g
輝度:950ルーメン
照射距離:50メートル
電源:2000mah 3.7V
防水規格:IP65 

 

 

テールライト

f:id:vilar5275:20170410222508j:plain

付属のテールライトはデザイン的にもかっこいいです。おまけ程度に考えていましたが、かなり明るく十分に使えます

 

Teyimoの単体で売られているテールライトを今は使っているので、こちらは予備にしたいと思います。

f:id:vilar5275:20170410222510j:plain

目立たない位置に取り付けてメインのテールライトの電池が切れた時や、真っ暗の道で2つ点灯させる時などに使います。

 

 

早速取り付けていきます

専用のアタッチメントを使って自転車にライトを取り付けます。

Teyimo 自転車ライト

こちらはヘルメット用のアタッチメントです。これを使えば簡単にヘルメットに強力なライトを取り付けることができるので本格的なナイトライドでも重宝しそうです。

Teyimo 自転車ライト

この自転車用のアタッチメントにはゴムパーツが2つ付いていて、ハンドルの太さに合わせて調節することができます

Teyimo 自転車ライト

このようにゴムパーツは簡単に調節ができて非常に使いやすいです。

Teyimo 自転車ライト

早速自転車に取り付けました。この時に前後の向きを間違えないように注意が必要です。僕ははじめに取り付けた時に前後を間違えてしまいました。

Teyimo 自転車ライト

取り付けてみましたが安定感もよく土台も目立たないのでいい感じです。ネジの頭が前になるように取り付けます

Teyimo 自転車ライト

コンパクトなので日中も付けっぱなしでも気にならなそうです。

Teyimo 自転車ライト

家の中で光らせてみましたが950ルーメンはさすがの明るさです。同じくらいの値段のキャットアイのライトは200ルーメンほどですので安くて明るいライトが欲しい人にぴったりです。

Teyimo 自転車ライト

 

 

実際に使ってみた感想

Teyimo 自転車ライト

早速外に実際にサイクリングに出かけて使用してみます。まずは家の中で壁に向かって光らせてみましたが眩しすぎるくらいの明るさです。強・弱・点滅の3つのモードが使えます。

Teyimo 自転車ライト

おまけで付いてきたテールライトも実用十分すぎるくらいの明るさです。電池式なので予備のテールライトにします。

Teyimo 自転車ライト

この通り暗い道でも明るく照らすことができます。街灯がある街中では弱モードでも快適にサイクリングできる明るさです。

Teyimo 自転車ライト

僕が普段使っているライトと合わせて2つ同時に点灯してみました。この明るさなら本格的なナイトライドでも使えそうです。

Teyimo 自転車ライト

僕が今使っているSunspeedのライトはオートセンサー付きで安く400ルーメンの明るさでかなり気に入っていますが、やはり光量ではTeyimoの圧勝です。左がTeyimo、右がSunspeedです。

Teyimo 自転車ライト

 

 

使用可能時間について

実際にライトを付けっぱなしにして使用可能な時間を計測しました。今回は最も明るい「強」モードで計測しました。カタログスペックでは連続点灯約5時間30分となっています。

 

点灯を開始して光量が落ちることなく、2時間半後に電源ランプが赤く光り始めました。

Teyimo 自転車ライト

やはりこの明るさなので使用可能時間は短いかと思いましたが、そこから1時間半以上は明るいままでした。


そして、点灯開始から4時間ほどで明るさがかなり落ちてしまいました。実際に使用可能なのは4時間程度とみておいたほうがよさそうです。この明るさで4時間持続するなら個人的には大満足です。

 

  • 950ルーメンの明るさ
  • 安い
  • 防水機能
  • テールライト付
  • ヘルメット用のアタッチメント付属

 

 

まとめ

Teyimo 自転車ライト

今回紹介させていただいたTeyimoの自転車ライトは手頃な価格で明るいライトを探している人にぴったりの商品です。

 

さらに実用十分なテールライトとヘルメット用のアタッチメントまで付属しているので、コスパはトップクラスと言えます。

 

950ルーメンの明るさを誇りながらも実働可能時間も4時間近くあり、新しい自転車ライトを探している人におすすめの商品です。気になる人は是非Amazonで詳細をチェックしてみてください。

Amazonで詳細をチェック!

 

 

おすすめ記事

ボトルをツールケース代わりにしてロードバイクに取り付けました!中身を公開!

映画のセリフで英語を学習できる「スクリーンプレイ」が英語初心者におすすめの理由!

京都から三重まで110キロをクロスバイクで長距離ロングライド旅行しました!