本日もトントン拍子.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本日もトントン拍子

好きなことを楽しくゆっくりと

ドナルド・トランプ大統領はバック・トゥ・ザ・フューチャーの悪役ビフのモデルだった

映画 映画-BTTF 政治 政治-アメリカ政治
人気記事セレクション 1. Amazonプライムビデオでおすすめの映画ベスト50を年間100本以上映画をみた僕が紹介!
2. 実際に使っておすすめの年会費無料クレジットカード5選!
3. Amazonで「本当に買ってよかった捗るもの」をまとめて紹介!【2016】
4. ドナルド・トランプ氏はバック・トゥ・ザ・フューチャーの悪役ビフのモデルだった

【SPONSORED LINK】

おすすめ記事▼Amazonプライム会員のメリットをまとめて紹介【破格の月額325円!】無料体験できます!

ドナルド・トランプ

アメリカ大統領候補としてヒラリー・クリントン氏と一騎打ちを続け、アメリカ大統領に就任したドナルド・トランプ氏が、映画バック・トゥ・ザ・フューチャーの悪役ビフのモデルだったという話はご存知でしょうか。

 

映画の脚本家であるボブ・ゲイル氏は当時はジョークでトランプをモデルにしたと語っていますが、まさか現実の2015年で本当にトランプ氏が大統領になってアメリカを牛耳ろうとしているとは思いもよらなかったでしょう

 

 

ドナルド・トランプとは

f:id:vilar5275:20161108163347j:plain

トランプ氏は2016年アメリカ合衆国大統領選挙候補の1人です。彼の発言は大きな反響を得ており、共和党の世論調査では継続してトップの支持率を誇っていました。

 

2016年5月には、トランプ氏は共和党の指名候補に確定し、民主党のヒラリー・クリントン氏との一騎打ちを見据えた発言をしています。

 

1980年代にビル開発や、カジノ・ホテル経営に乗り出し大成功を収め、アメリカの不動産王と呼ばれるようになりました。

 

不動産会社トランプ・オーガナイゼーションの会長兼社長で、カジノ・ホテル運営会社トランプ・エンターテイメント・リゾーツの設立者でもあるトランプ氏は、NBCのリアリティ番組「アプレンティス」への出演し飛躍的に知名度を高めました

 

 

アメリカ合衆国大統領候補として

f:id:vilar5275:20160211135242j:image

トランプ氏は、過激な発言で有名です。特に話題になった発言はこの「イスラム教徒の入国禁止発言」でしょう。

 

このような発言にも関わらず、トランプ氏は高い支持率をキープし、ニューハンプシャー予備選では勝利を収めました。
f:id:vilar5275:20160211141550j:image

 

このニューハンプシャー予備選で、民主党はバーニー・サンダース上院議員が勝利しました。

f:id:vilar5275:20160211210409j:image

サンダース上院議員は「民主社会主義者」を自称する人物で極左派に位置する人物です。

 

アウトサイダーの2人が勝利した要因は、現在の政権やエスタブリッシュメントに対する不満などが挙げられます。また、アメリカはなんらかの "Change" (変革) を求めています。

 

アメリカ大統領選の最終盤では、トランプ氏は女性への「わいせつ」発言などで劣勢に立たされましたが、ヒラリー氏のメール問題をFBIが再調査に乗り出したことで最後まで情勢はわからなくなりました。

f:id:vilar5275:20161109222720j:plain

ちなみに、楽天市場ではトランプ氏とその支持者がかぶっている帽子が売られているほどの人気ぶりです。当初は泡沫候補と思われていたトランプ氏をここまで支持する人がいるとは驚きです。帽子には "MAKE AMERICA GREAT AGAIN" (アメリカを再び偉大にしよう)と書いてあります。 

 

 

BTTFの悪役ビフのモデルだった

f:id:vilar5275:20160211135301j:image

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」とは、マイケル・J・フォックスが演じる青年マーティーが、親友の科学者ドクの開発したタイムマシンのデロリアンで過去、未来を旅するSF映画です。

 

BTTF2では悪役ビフ・タネンがスポーツ年鑑という本を盗んで、未来を自分に都合のいいように変更してしまいます。その結果、ビフは競馬でズルをして大富豪になり、街を牛耳る独裁者のような存在になります。

ちなみに劇中に登場した未来のスポーツ結果が書かれた本であるスポーツ年鑑のレプリカはAmazonで売っています。

レビュー記事はこちら▼

 

f:id:vilar5275:20160211135330p:image

そのときのビフのモデルになった人物が、ドナルド・トランプ氏であると、BTTFの脚本・制作を担当したボブ・ゲイル氏が明かしました。好戦的で腐敗しきった傲慢な大富豪というキャラクターのイメージはまさにトランプ氏そのものだったようです。

 

こうしてみるとビフとトランプ氏はたしかにすごく似ています。80年代におけるトランプ氏のイメージはまさにビフのようだったようです。映画が作成された80年代後半の時点で、トランプ氏はすでにロクデナシの金持ちキャラを確立させていました。 f:id:vilar5275:20161109220536j:image

見れば見るほどトランプ氏とビフは似ています。ビフの傲慢で過激な性格も見た目もばっちりそっくりです。

 

そのトランプ氏がまさか本当に21世紀に大統領になろうとしているとは、誰も予想し得ないことだったと思います。ボブ・ゲイル氏もジョークのつもりだったとは思いますが、まさか現実の2015年でトランプ氏が共和党の代表に選ばれて最後まで大統領選挙を戦っているとは夢に思わなかったでしょう

 

 

映画の中でビフが建てたカジノハウス

こちらはビフがBTTF2で建てた高層カジノです。このビフ・タネンのカジノハウスは、映画が公開された1989年の5年前にアトランティックシティーに完成したトランプ・プラザホテルに驚くほど似ています
 
後に、この類似点について質問されたボブ・ゲイル監督は、トランプ・プラザホテルから着想を得たと語っています。f:id:vilar5275:20160211135351j:image

 

 

実際にトランプ氏が大統領になる可能性はあるのか?

f:id:vilar5275:20161214185324j:plain

立候補当初は、金持ちの暇つぶしくらいにしかみられていなかったトランプ氏ですが、その過激な発言やパフォーマンスで支持率をみるみる伸ばしました。

 

当初有力候補と言われていた、ブッシュ氏を討論会でコテンパンにして、ついにクルーズ氏とケーシック氏を選挙戦から離脱させ、党の指名を確実なものとしました。

 

共和党の指名候補となった彼の課題は、共和党内をまとめて一丸となって選挙に臨むことです。なぜなら、現在は共和党内でもトランプ氏に反対する議員が多く存在するからです。

  

大統領選挙を1ヶ月後に控えた2016年10月には、クリントン氏とトランプ氏の戦いは激しさを増し、トランプ氏は女性軽視発言などで不利な状況に立たされました

 

アメリカ大統領選挙は投票数ではなく、選挙人の数で勝敗が決まるのでトランプが大統領になる確率は低いとみられていました。

アメリカ大統領選挙について詳しくはこちら▼

 

2016年11月9日追記

ヒラリー氏が優勢との大方の予想を大きく覆し、ドナルド・トランプ氏が次期アメリカ大統領に当確しました。接戦州と呼ばれていた州でトランプ氏は勝利を続け、民主党が有利とみられていた州でも多くの勝利を手中に収めました。

 

ヒラリー氏が敗北を認めたと報道されています。トランプ氏は勝利宣言スピーチをニューヨークで行い、本当に彼がアメリカ大統領になる時代がやってきました

 

 

またもBTTFの未来予想が的中?!

f:id:vilar5275:20161109232152j:plain

ネット上ではカブスの勝利に続き、BTTFの未来予想がまた当たったと盛り上がっていますが、実はビフが牛耳っている映画の世界は1985年の様子を描いています。

f:id:vilar5275:20161109235438p:plain 

逆にBTTF2で出てきた2015年の未来の新聞には "PRESIDENT SAYS SHE'S TIRED"「大統領は、彼女自身が同じ質問に応えるのは疲れたと述べた」などと書かれた記事の見出しがあります。

 

つまり、BTTF2の未来では、女性大統領の誕生を予想していたのです。めちゃくちゃマニアックな話ですが、実はヒラリー氏が当選したほうが未来予想が的中していたということになります。

 

この新聞は2015年10月22日に実際に発売されました。USA TODAYでは、BTTFの特集ページも組まれていました。この新聞は、アメリカのAmazonUSA TODAYで販売されています。 

 

また余談ですが 、BTTFと並んで「ザ・シンプソンズ」もトランプ大統領誕生を予言してます。詳しくはこちら▼

 

 

【SPONSORED LINK】
 

まとめ

f:id:vilar5275:20160211140025j:image

1985年のトランプ氏のイメージは、映画の大富豪のビフそのものだったようです。そのトランプ氏がアメリカ合衆国大統領になるということは、誰が予測できたでしょうか。

 

ロバート・ゼメキス監督とボブ・ゲイル氏の予測した未来に追いついて、色々比較したりするのは楽しいです。フライングカーは現実にはならなかったですけど、ビフがアメリカを牛耳る日が本当に来てしまう日がきてしまいました。

 

信じられないことに、トランプ氏が正式に大統領に就任しました。ある意味でアメリカンドリームを体現したといってもよいでしょう。今後のアメリカ社会はどのようになっていくのでしょうか。

  

バック・ザ・フューチャーを観たことがないという人は本当に面白い映画なのでこの機会にぜひ観てほしいです。Amazonプライムビデオで3部作すべて無料で観られます

年会費3900円のAmazon Prime(学生1900円のAmazon Student)に入ると、お急ぎ便無料や、送料無料など様々なプライム特典が受けられます。

 

月額325円のAmazonプライムは、30日間無料のお試し体験ができます。僕はかれこれ3年以上契約していますが、たった325円で映画まで見放題なのでおすすめです!

 

Amazonプライムについて詳しくはこちら▼

 

公式サイト▼Amazonプライム会員登録・無料体験の詳細はこちら
学生限定!Amazon Studentの6ヶ月の無料体験はこちら

 

関連記事

『ターミネーター2』のサラ・コナーが「最も有名なヒロイン」と言われている理由 

アメリカ大統領選挙についてこれだけは知っておきたいこと3選

USJ限定デロリアンのトミカを購入!レビュー!現在はどこで買えるの? 

バック・トゥ・ザ・フューチャー2に登場したホバーボードのレプリカを徹底レビュー!  

【SPONSORED LINK】