本日もトントン拍子.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本日もトントン拍子

好きなことを楽しくゆっくりと

講義ノートという大学生の味方であり敵である奇怪な存在

f:id:vilar5275:20160727090847j:plain

みなさんは大学の近くに悠然と講義ノートショップなるものが営業しているいるという事実をご存知でしょうか。

 

知らない人のためにざっくり説明すると、講義ノート屋さんは誰かの講義のノートを1万〜2万ほどで買い取り、そのコピーを300円〜700円ほどの価格で販売しています。このノートの存在により、学生は講義にでなくても楽々単位をとることが可能になります。本日はそんな講義ノートについて考えていきます。

 

 

 

大学の目の前で平然と売られている

講義ノートを推奨している大学はほとんどないはずですが、このノートは大学の目の前で平然と売られています。講義にでて一生懸命ノートをとらなくても、数百円でノートを買ってテスト勉強をすれば十分に単位をとることができるので学生はどんどん講義にでなくなります

 

講義にでずに何をしているかといえば、酒を呑んだり、友達と遊んだりとロクなものではありません。講義ノート屋は一昔前には多くの大学の目の前で売られていたようですが、最近ではその数が減っています。大学側が対策に乗り出し徐々に駆逐していっています。

 

 

なぜ講義ノートを買うのか

講義ノートを学生が買う理由は主に2つあります。1つは授業をサボりたいという理由で、もう1つは単位がとれればそれでいいという理由です。

 

サボりたい

この理由はあまり説明するまでもありません。授業にでるのがダルいので講義ノートを買って試験前に追い込もうという考えです。

 

このような学生は最初と最後の2回だけ主席して、あとの授業はすべて行きません。そしてテスト前に講義ノートを使って勉強します。こうなってくると大学の講義とはなんのためにあるのかその本質がわからなくなってきます

 

単位がとれればそれでいい

もう1つの理由は、高成績をとりたいと思う学生が少ないということです。現在の大学では相対評価が使われており、Aの成績をとるのも難しいですが、Fをとる確率もあまり高くありません。

 

学生にとって一番嫌なことは単位を落とすことです。来学期に授業が増えることも嫌ですし、留年する可能性もでてきます。そうなってくると単位さえとれれば、AでもBでもDでもなんでもいいと考える学生も増えてきます。実際大学の成績が必要になるのは、ゼミの選考や留学のときくらいで、就職活動のときに大学の成績はほぼ不要です。卒業できればそれでよいのです。

 

 

講義ノートは学生の味方か?敵か?

このように考えていくと講義ノートは怠惰な学生にとって有益なものであるといえます。多くの学生の目的が大学で高レベルの知識を身につけるということをもはや目的としておらず、単位をとることだけにそそがれています。

 

実際に僕自身も講義ノートを買ったことがあります。しかし、所詮は同じ大学生が教授の言っていることや板書を写しただけのノートなので、それなら講義に真面目にでて自分でノートをとったほうがわかりやすいと感じました。真面目に授業に行っている学生にとって講義ノートはまったく不要なものですが、授業に行かずして単位がほしい学生にとっては救世主とも言える存在です。

 

 

まとめ

たしかに講義ノートがあれば学生は楽をすることができますが、やはり講義には真面目にでて自分でノートをとるべきです。たしかに関心の薄い授業や話が退屈で仕方がない講義は自分で試験勉強したほうがいい場合もあります。しかし、それでは単位をとることだけが目的になってしまっています

 

せっかく高いお金を払って大学に通っているのですから、講義にはしっかりとでなければならないと感じました。アカデミックな知識をつけるために大学に通っているのですから、講義ノートはやはり学生の敵ですね。