本日もトントン拍子.com

本日もトントン拍子

好きなことを楽しくゆっくりと

大学で軽音サークルに入りたい人が揃える機材と注意点【サークル選びのコツ】

おすすめ記事▼Amazonプライム会員のメリットをまとめて紹介【破格の月額325円!】無料体験できます!

【SPONSORED LINK】

新入生の皆さん大学合格おめでとうございます。もう1年頑張る人は精一杯頑張ってください。1年後には楽しい大学生活が待っています。

 

 

 

新大学生にとって最も大切なことの1つがサークル選びです

思い返せば2年前僕もサークル選びにとても神経質になっていました。僕は、サッカー・フットサルサークル、軽音サークル、国際交流系のサークルの3つを中心に探していました。

 

結論から言うと、フットサルは途中でやめてしまい、国際交流サークルは新歓で雰囲気になじめずに入りませんでした。

 

新入生の人はとにかくいろいろな新歓に積極的に顔を出して、自分にあったサークルに出会うチャンスを広げるべきです。

 

 

軽音サークルに入りたいけど初心者でも大丈夫?

大学から軽音を始める人の中には初心者の人もかなり多いです。理由は多くの高校に軽音楽部がないところが多いことなどが挙げられます。

 

1つ注意が必要なことと言えば、歌が得意でカラオケが好きだから、軽音サークルでボーカルをしよう!いう人は注意が必要です。

音楽性や、楽器に対する姿勢などが違うとうまく雰囲気になじめ愛ことがあります。

 

 

 

練習場あり、バンド変動制のサークルがおすすめ

そこそこ大きな大学であれば、軽音サークルは山ほどあります。その中でも大きなサークルは大学に練習場を持っていて、無料でバンドの練習をすることができます。

 

練習場を持っていないサークルはスタジオでお金を払って練習をします。スタジオはお金を払うというデメリットがありますが、サービスや音響のクオリティなどが練習場に比べて段違いです。

 

また、1つのバンドをずっと続けるサークルもあれば、ライブごとにバンドを組みなおすサークルがあります。

 

多くの人とバンドが組めて、色々な種類のバンドが組めるので変動制のサークルがおすすめです。

 

 

 

初心者が揃えるべき機材

サークルに入るにあたってやはり自分の機材が必要になってきます。その中でもはじめに揃えるべきものを紹介します。

 

サークルによっては先輩が機材を貸してくれたり、練習場の機材が借りれたり、楽器を買いに行くのをサポートしてくれる場合もあります。

 

軽音サークルに入るにあたって必要なもの

  • ギターorベース
  • チューナー
  • シールド

 

この3つがあれば基本的に問題ありません。ちなみにドラマーはスティックがあれば大丈夫です。

 

この3つを具体的に紹介していきます。

 

 

ギター、ベース

当たり前ですけどギターやベースが希望パートの場合はギターが必要です。ちなみにベースとは太い弦が4本張られている低音パートのギターに似た楽器のことです。

 

まず、初心者セットの1万円くらいのギターは買ってはいけません

さすがにショボすぎて使い物になりません。

 

初心者におすすめのメーカーはFender JapanかSquier、そしてエピフォンです。

 

 

Fender Japan

Fenderというギターのメーカーは聴いたことがある人も多いかと思います。Fenderのギターには大きく分けてFender USAとFender Japanの2種類あります。

 

Fender USAは10万円以上しますが、Fender Japanは5-7万円くらいで買うことができ、品質的にもずっと使っていけるよい楽器です

 

金銭的に余裕があるならFender Japanの楽器をおすすめします。

 

 

 

Squier

Squierとは先に紹介したFender Japanの下位モデルです。値段は2-4万円ほどです。

 

かなり手が出やすい価格ですが、大学の軽音サークルで使う文には全く問題ありません。

 

実際に楽器屋さんでFender JapanとSquierを弾き比べさせてもらうことをおすすめします。

 

 

 

Epiphone

Epiphoneは先ほど紹介した2つとは違うタイプのギターです。レスポールと呼ばれるモデルなどを売っています。Fenderなどのギターとまったく音は異なりますが、初めの1本は見た目が気に入ったものを選ぶといいと思います。価格は3-5万円ほどです。この3つのメーカーに狙いをつければ楽器を探すときのヒントになるかと思います。

 

 

 

チューナー

 チューナーは自分のものが必要です。チューナーには2種類あります。クリップチューナーとフットタイプのチューナーがあります。

 

はじめは安いクリップチューナーが1つあれば十分です。

 

後々必要になればこのようなフットタイプのチューナーを購入してもよいかと思います。

 

 

【SPONSORED LINK】
 

シールド

シールドも必要です。シールドとアンプとギターをつなぐケーブルのことです。軽音サークルに入るならば3-5mのものを買えばいいです。

 

また、メーカーはCANAREというメーカーをおすすめします。値段は2000円前後です。

 

 

まとめ

軽音サークルに入りたい人はギター、チューナー、シールドの3つをまずは買って、どんどん新歓に足を運んでみてください。

自分に合うサークルが見つかればよりよい大学生活が送れます。

 

自宅用のアンプや、エフェクターなどはサークルに入ってから必要になれば買えば十分です。