本日もトントン拍子.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本日もトントン拍子

好きなことを楽しくゆっくりと

大学3回生の僕がオシャレな服を買うことをやめた3つの理由

f:id:vilar5275:20161012085141p:plain

僕はいま現役の大学3回生です。3回生というと、大学の授業や環境にもすっかり慣れている頃です。授業も週に3日ほどしかなくなり、自由な時間もたくさん増えました。

 

そんな大学生の僕ですが、最近全然洋服を買っていません。入学したての1回生の頃は、毎日私服で登校するので、服装にも気を使っていましたが、最近は大学に行くだけならあまり服装を気にしないようになりました

 

 

 

お金がかかる

僕が服をあまり買わなくなった一番の理由は、服が高いからです。高校生の頃は、平日はもちろん制服で登校していましたし、休日も部活をしていることが多かったので、あまりたくさんの私服が必要ではありませんでした。

 

しかし、大学生になると365日私服で活動しなければなりません。オシャレに気を使っている人なら、ワンシーズンに10通りくらいのコーディネートは用意するのではないでしょうか。実際に僕が1回生の頃は、服に気を使ってたくさんの服を買っていました。

 

3回生にもなると、服にお金をかけるよりも他のことにお金をかけたほうがよいのではないかと考えるようになりました。そこそこの品質の服をたくさん買うよりも、安い服を普段使って、高い服を出かけるときに着ればよいと気づきました

 

 

質より量から、量より質へ

今までは色々なコーディネートを楽しみたかったので、そこそこの値段のオシャレっぽい服をたくさん買って毎日オシャレをして大学に通っていました。それが最近は、ユニクロやGU、H&Mやスピンズなどのファストファッションばかりを買っています

 

それもユニクロの黒スキニーに、スピンズの白シャツを着る感じのシンプルなものばかり着ています。その代わりまったくオシャレな服を買わないわけではなくて、質の高い服を何着か買うようにしています。最近買ったのものであれば、アーバンリサーチのMA-1や、REGALのローファーなどです。

 

よい服や靴は長く使えるので、長い目で見ればお得だと感じるようになりました。

 

 

そもそも知り合いの少ない大学にオシャレをしていくのがめんどくさくなった

そもそも大学には知り合いがあまり多くありません。知らない人ばかりの講義にめちゃめちゃキメていってもあんまり意味ないと感じるようになってしまいました。もちろんオシャレは好きなので、休日やお出かけの時はオシャレを楽しんでいます。

 

白シャツに黒スキニーのようなシンプルな格好のほうがすっきりとしていてかっこいいです。毎日同じような格好をしていても、奇抜で変な格好をしているよりも大学へ行くときは安いファストファッションの服でシンプルにまとめていくのが、よいと思いはじめました。

 

 

まとめ

ジーパンにワイシャツ、スキニーとTシャツのようなシンプルなコーディネートが一番すっきりしていて通学には最適です。みんなあまり周りの人のファッションを気にしているわけではありませんから、周りから浮かないシンプルな服を着ていくのが大学ではベストです。

 

ケースバイケースで、食事に行く時やサークルの時などはまた違った個性の出るファッションを楽しむのもよいです。毎日の大学の授業に気合を入れて何着もオシャレな服を買うのは、金銭的にも身体的にもきついと感じるようになってきました。服を多く買うとそのぶんお金もかかってしまうので、それだったら数着良い服を買って、お出かけの時に着たほうが有意義です。

 

といっても、服は大好きなのでお金があればたくさん良い服を買ってオシャレを楽しみたいとは思います。