本日もトントン拍子.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本日もトントン拍子

好きなことを楽しくゆっくりと

小型ワウ「CBM95 Cry Baby Mini Wah」は画期的なエフェクターだった!

f:id:vilar5275:20160709215049j:plain

CBM95 Cry Baby Mini Wahというミニサイズのワウを楽器屋さんでみかけて実際に弾いいてきました。かなりいい感じだったので感想などをまとめていきます。

 

コンパクトエフェクターの波がワウにもやってきました。ワウってなんであんなに重いのかいつも疑問に思っていたので、BOSSのコンパクトエフェクターとあまり変わらない重さのこのペダルは非常に画期的です。

 

 

 

コンパクトサイズのクライベイビー

f:id:vilar5275:20160709215102j:plain

ワウといえば重くてでかくて持っていくの嫌になるエフェクターの代表的存在です。そんなワウを小型サイズにした画期的なエフェクターが最近販売されました。

 

楽器屋さんで実際にみてこれはいいかもしれないと思い、試奏させてもらいました。BOSSのコンパクトエフェクターくらいの大きさで、これならボードにもすんなりと入ります。ギターケースのポケットに入れて持ち歩くのも楽です。内部スイッチによりLow、Vintage、GCB95の3種類のボイシングを切替可能です。

 

 

通常のクライベイビーと比較

f:id:vilar5275:20160709215123j:plain

通常のクライベイビーと比較してみます。半分ほどの大きさしかなく非常にコンパクトです。

 

特に注目すべきはその重量です。GCB95が1700gもあるのに対して、CBM95は440gしかありません。僕に言わせてみればGCB95が重すぎるのも問題だとは思うのですが、この重量の違いは取り回しの面で大きなメリットです。

 

BOSSの一般的なコンパクトエフェクターの重さが約410gですのでその軽さが伺えるかと思います。

 

 

実際に弾いてみた

楽器屋さんで実際に弾かせていただきました。通常のクライベイビーと比較できるように両方試させていただきました。

 

 

音はほとんど変わらない!

音質についてはほとんど変わりませんでした。同じ回路を使っているので大きな違いはないそうです。このコンパクトさでバカ重いクライベイビーとほぼ同じ音が出せるのは魅了的ですね。

 

半踏みの状態で出せる特徴的な音や、カッティングなど通常のワウと同じく非常に気持ちよく弾けました。

 

操作性は?

そのコンパクトさゆえに操作性はいいとは言えませんでした。足全体を使って踏むことができる通常のワウに比べて、半分の面積しかないので踏みにくいです。慣れればうまく操作できるかと思いますが、通常のワウに慣れている人は戸惑うと思います。

 

 

まとめ

操作性では劣りますが軽さと、ボードに気軽に入れれるコンパクトさはすばらしいです。コンパクトエフェクターが流行りですが、ワウにもその波がやってきたようです。


今からワウを買おうとしている人や、今使っているワウが重くて持ち歩くのが苦痛だという人は是非チェックしてみてください。

 

おすすめ関連記事▼

夏フェスの持ち物リストと服装まとめ!フェス初心者なら最低限これだけは持っていけ!

大学で軽音サークルに入りたい人が揃える機材と注意点【サークル選びのコツ】

Amazonで「本当に買ってよかった捗るもの」をまとめて紹介!【2016】

ギターを賃貸住宅で壁掛けする簡単な方法を紹介!ベースやロードバイクの壁掛けも可能!

月額500円でプレミアリーグ全試合が見放題の「スポナビライブ」がスポーツ好きには最高!